fc2ブログ
 お祝いのことば
 皆さん、ご卒業おめでとうございます。晴れの卒業式にあたり、文京区議会を代表いたしまして、心からお祝いを申し上げます。
さて小学校を卒業する皆さんに、ぜひお知らせしたいことがあります。それは、なんと小学生が政治を動かした!というお話です。長野県の佐久市では「ポイ捨て禁止条例」が制定されています。条例というのは議会で議決したその自治体のルールのことです。この条例制定のきっかけとなったのが、小学校5年生と2年生の兄弟だったのです。
 通学路のごみが気になった兄弟二人は、一年間にわたって毎月、両親と一緒にごみを拾い続けました。ところがごみは一向に減る気配がありません。特に多かったのがタバコの吸殻です。子どもたちが学校に通う道であるにもかかわらずです。このままではいけないと思います!と、兄弟は佐久市にうったえたのでした。「僕たちはたばこの吸い殻を拾いながら『大人が捨てたごみを子どもが拾うなんて、悲しい』と思いました」と。条例をつくってポイ捨てをなくしてほしい!とお願いしたのです。こうした要望のことを「陳情」(ちんじょう)といいます。
 陳情は誰でも自由に自治体や議員などに意見を伝えられる方法なのです。「一体どうやって?」と思うかもしれませんが、文京区のホームページで確認してみて下さい。「区民の声」を受けつけていますから。このように意見を伝える方法は、日本国憲法の16条で保障された請願権に基づいたものなのです。誰でも国や地方議会などに要望を述べることができるのです。
 皆さんも、実現してほしい政策を文京区に要望することに挑戦してみてはどうでしょうか!そのためには、自分たちの住んでいる文京区のことをよく知らなくてはなりません。その上で「自分たちのふるさとをもっとよくしたい」という思いを持ってほしいのです。
小学校を卒業し、大人への階段を着実にのぼっていく皆さんを、ふるさと文京は応援し続けます。新しく広がる世界に向けて、大きな一歩を歩み出す皆さんを見守っています。皆さんの人生が幸多きものになることへの祈りを込めまして、お祝いの言葉としたいと思います。

 令和四年 三月二十五日
 文京区議会議長 田中 としかね
成人の日を迎えられた皆さん、おめでとうございます。
文京区議会議長の田中としかねです。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、様々に制限された生活を余儀なくされてきましたよね。
しかしながら、その期間は、人と人とが、集まり・話し合い・触れ合うといった、日常的な行いというものが、どれほどの大きな、そしてかけがえのない意味を持っていたのかということを、胸に刻みつける日々であったともいえます。
人間は社会的な生き物です。誰かと一緒にいるだけで、満たされることがあります。それは、自分は一人ではないという感情が生まれるからなのです。
皆さんも、ひとりじゃないから、ここまでくることができました。子どものころ、ここふるさと文京区で、過ごした日々を思い出してください。遊んで、笑って、泣いて、けんかして、どれもひとりじゃないからできたことですよね。
大人になった皆さんを、これからずっと支えてくれるのは、こうした子ども時代の皆さんたち自身の体験なんだと思います。これまでも、そしてこれからも、決してひとりぼっちではありません。ふるさと文京は、いつまでも皆さんを応援しています
今日という日を節目に、大人として、社会に歩み出していく皆さんに、幸多かれとの願いを込めて、お祝いの言葉としたいと思います。
本日はまことに、おめでとうございます。
 令和4年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。日頃より区議会の活動に対し、深いご理解と温かいご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大から2年が経過しました。
 この間、集団接種会場の運営をはじめ、区民の皆さまの生活支援事業や厳しい経営環境にある事業者の皆さまへの支援など、新型コロナウイルス感染症対策に必要な文京区の補正予算案を審議、可決し、時機を逸することなく文京区としての意思決定を行ってまいりました。
 区議会の強みは、区民の皆さまの信託を受けた、34名という多数の議員によって構成されていることにあると思います。それぞれが得意とする専門的な知識を持ち、様々な立場を代表して、意見を表明することになります。そして、その多角的な視点をもとに、議論を重ねることで、議会としての意見を練り上げてまいります。コロナ禍におきましても、経済対策をはじめ、医療、高齢者・福祉、子育て・教育等あらゆる分野への支援を、区に提言してきました。今後も、感染拡大防止と社会経済活動の両立や区民生活の安心・安全の確保など、ウイズコロナ社会において、区民の皆さまの期待にしっかりと応えてまいりたいと思います。
 私たち区議会は、区民の皆様お一人おひとりの幸せを願い、「誰一人取り残さない」社会の実現に向けて、多くの声に耳を傾け、鋭意議論を重ねてまいります。
 何とぞ、ご支援・ご協力をお願いいたします。
 結びに、今年一年が、喜びにあふれる年になりますことを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 文京区議会 議長 田中としかね