fc2ブログ
2023.02.16 けん玉条例
山形県長井市「けん玉条例」

今回紹介するのは山形県長井市で制定された条例になります。長井市は最上川流域の自治体です。といっても最上川の流域面積は7,040km2で、山形県の面積の約75%を占めています。流路の長さも229kmで、一つの都府県のみを流域とする河川としては日本最長になります。ですから山形県内で「最上川流域の自治体」といっても、多くの自治体がそうですということにしかなりませんよね。では長井市が最上川のどのあたりに位置するのかイメージできますでしょうか?頭の中で山形県の地図を描いてください。人の横顔に見える形ですよね、「鼻」や大きく開けた「口」が特徴的な。その横顔の「目」にあたる部分が庄内平野です。最上川の河口に位置していますよ。そこから上流にさかのぼってみましょう。目から涙を流しているように(流れは逆ですが)見えませんか?新庄盆地で方向を変えて、山形盆地をぬけて、米沢盆地に至ります。長井市は米沢盆地の北に隣接する位置にあるのです。
歴史的にみると、長井は最上川舟運の港町として栄えていました。車も鉄道もない時代、一度にたくさんの荷物を運ぶために利用された交通手段は船です。とりわけ江戸時代には「西廻り海運」と「東廻り海運」で知られる日本各地の港を結ぶ海の航路が開かれて発展しました。天領のあった東北地方の年貢米を将軍の城下町江戸や商業の中心地大坂に運ぶために、4代将軍徳川家綱の時代に整備されたのでしたね。尽力したのが河村瑞賢ですよ。日本海での輸送に活躍した船を北前船ということも覚えておきましょう。最上川河口のまち酒田市の日和山公園には、白い帆が美しい北前船のレプリカが飾られていますよ。日本海に面した一大海運港であった酒田から、最上川を経由して米沢に至る舟運ルートの終着港が長井だったのですね。米沢藩の交易港都市であったといえます。米沢藩の9代藩主である上杉鷹山(名君として知られていますよ。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も…」で有名ですよね。)が奨励したことにより発達したのが、この地域の伝統的工芸品である置賜紬(おいたまつむぎ)だということも押えておきましょう。
さて、そんな長井市で制定されたのが「けん玉条例」です。正式な名称は「長井市けん玉を市技に定める条例」になります。令和2年10月1日に施行されました。条文も短いですのでその全文を以下に掲載してみましょう。「けん玉を活用した世界との交流を推進し、けん玉文化の継承を通じて市民の健康づくりや子どもたちの健全育成を図り、けん玉を活かしたまちづくりを推奨するため、けん玉を本市の市技に定める。」になります。「けん玉を長井市の『市技』として定める」というのですが、そもそも「市技」とは何でしょうか?「市を代表する競技」「市の象徴(シンボル)となるような競技」ということでしょう。同様の取り組みとしては、囲碁を市技に定めた広島県尾道市の条例があります。「自治体を象徴する」ということなら、一般的には「市を代表する花」などの自然物がシンボルとして定められる場合が多いといえますね。全国知事会のホームページに各都道府県のシンボルが一覧表で掲載されていますが、47都道府県のシンボルが全てそろっているのは「花」「木」「鳥」くらいになります。一部の県だけなら、「獣」や「魚」や「蝶」などといった例もありますよ。しかしながら、都道府県のレベルでは「技」という項目での指定はありませんでした。やはりめずらしいケースだといえるのでしょう。
ちなみに都道府県の「花」は確認しておくことをおすすめします。例えば、東京都の花は「ソメイヨシノ」(現在の豊島区にあたる染井村で栽培された)です。富山県の花は「チューリップ」(富山県はチューリップの球根の出荷量日本一)です。和歌山県の花は「ウメ」(和歌山県はウメの収穫量日本一)です。「なるほど」と思うものが多いですよね。では山形県の花は何でしょうか?正解は「ベニバナ」です。2021年の2月には、最上川流域の「紅花生産・染色用加工システム」が世界農業遺産(世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域を国連食糧農業機関が認定する制度)に申請されることが決まりましたよ。すでに日本農業遺産(世界農業遺産の国内版として農林水産省が制定した制度)には認定されています。「紅花システム」は「6次産業化の先駆的な事例」としても注目されていることを覚えておきましょう。「6次産業化」とは何でしょうか?6次というのは、農林水産業本来の1次産業だけでなく、2次産業(工業・製造業)と3次産業(販売業・サービス業)を取り込むことから、「1次産業(生産)」×「2次産業(加工)」×「3次産業(流通・販売)」のかけ算で6次になることを意味しています。農山漁村の経済を豊かにしていく取り組みとして農林水産省は力を入れていますよ。紅花を生産するだけでなく、「紅餅」(摘み取った紅花をすりつぶして発酵させ、丸めて平たく成形し、乾燥させたもの)に加工し、さらには最上川の舟運で集められて、北前船によって京都にまで流通・販売がなされていました。こうした世界的にもめずらしい農業システムが評価の対象となっているのです。
 閑話休題、「けん玉条例」ですね。長井市には「競技用けん玉」の生産日本一を誇るメーカーがあります。「競技用」というのは、サイズなど厳格な基準を満たさないと認められないものなのだそうです。全国でもあまり類をみない「市技」として定める条例を制定することによって、「けん玉のまち」としての知名度のアップを図り長井市のPRや観光への誘客も目指しているのです。条例制定の理由を説明する際には、市長自らがけん玉の技を披露しながら「けん玉は集中力を高め、健康維持につながる」とアピールしていましたよ。
Secret

TrackBackURL
→http://toshikane.blog75.fc2.com/tb.php/71-5e395c17